SHOP
  • 商品コラム
  • 2021/11/05

乾燥しているから1年中楽しめる!フリーズドライのとうもろこし

記事をシェア
twitter
facebook
twitter
ぱぱっとベジトウモロコシの写真

こんにちは!広報の田中です。
コスモス食品の製造・販売するフリーズドライ商品はどんなジャンルのものがあるかご存知ですか^^

この記事を読んでくださっている方の頭の中で、いまパッと思い浮かんだのはきっとおみそ汁やスープが浮かんできた方が多いのではないでしょうか!

実はおみそ汁やスープ以外にもフリーズドライ商品を製造・販売しています。
本日はコスモス食品公式オンラインショップ「CosmoSpark ONLINE SHOP」で購入していただく事ができる、おみそ汁やスープ以外のフリーズドライ商品をご紹介していきます。

本日ピックアップしてご紹介するのは先月の“ぱぱっとベジ 揚げなす”に続き、“ぱぱっとベジ とうもろこし”です!!

生のとうもろこしの旬は収穫時期でもある6月~9月頃です。
この時期はスーパーなどで簡単に、そしてお手頃な価格で甘くて美味しいぎゅっと実が詰まったとうもろこしを購入することが出来ますよね^^

茹で、焼き、そして炊飯の際に一緒に入れてとうもろこしごはんなども今では定番の食べ方になってきました!
(個人的にはとうもろこしの唐揚げとかき揚げがすきです)

とうもろこしご飯の画像

風物詩という良さでもあるのですが、上記の食べ方を生のとうもろこしで楽しめるのは一般的にスーパーなどで販売される旬の時期だけ・・・

夏の終わりにとうもろこしご飯を炊くとき「今年はこれが最後かな」なんて、ちょっとおセンチになりつつ、また来年の楽しみに!と炊飯をしたりして。

フリーズドライにした“ぱぱっとベジ とうもろこし”があれば生のとうもろこしがなかなか手に入らない時でも、水で戻せば生のとうもろこし同様の使い方が可能なので、茹で、焼き、そして炊き込みご飯に、唐揚げや、かき揚げまで!!

缶詰タイプのとうもろこしもありますが、一度開封してしまうとすぐに使い切らなければなりません。
“ぱぱっとベジ とうもろこし”は湿気には弱いですが、しっかり密閉して保存していただければ、賞味期限の効く間に使いたい時に使いたい分だけ取り出して使うことも可能です。

これはフリーズドライだからこそ出来ること!

また熱をかけずに水分だけを抜く乾燥(昇華)をしているので、色鮮やかな黄色を保ちつつ、栄養価も大きく損なわれることなく済みます。

これもフリーズドライだからこそ出来ること!

とうもろこしコロッケを作っている写真

また水で戻さなくても、そのまま食べることも出来るのでシナモンシュガーを絡めてお子さんのおやつ替わりや、塩コショウをまぶしておつまみに。

少し手の込んだものだとコーンブレッドを作ってみたり、写真の様な揚げないコーンコロッケも作ることができます。
あれも、これもフリーズドライだからこそ出来ること!!!

“ぱぱっとベジ とうもろこし”お家に一袋あると便利な気がしてきませんか!
私はすでにとうもろこしの唐揚げと、とうもろこしご飯が恋しいのとで私がこの記事を書くと決めて書いているのに、そんなにとうもろこし連呼しないで!!と少し取り乱してしまいそうです(笑)

取り乱しついでに思い出したのですが“ぱぱっとベジ とうもろこし”の使い方でいろいろお伝えしてしまいました。

ですが、一番手っ取り早く、そして美味しいのは、ほうれん草のおみそ汁に水で戻さないでそのままいれて、バターを少し落として飲むことです!(笑)

ぜひ、“ぱぱっとベジ とうもろこし”でお試しになってみてください^^

Related Posts