• レシピ
  • 2021/10/17

ホタテをのせたエリンギと牛蒡のAWATAMA炊き込みご飯

記事をシェア
twitter
facebook
twitter
ホタテをのせたエリンギと牛蒡のAWATAMA炊き込みご飯の記事画像

食欲の秋、皆さんはどんな美味しいものを食べてお過ごしですか!
Instagramのアレンジレシピや個人的には、きのこや栗、さつまいも、さんま、秋鮭などの味付き炊き込みご飯と向き合う食欲の秋を楽しんでいます。

松茸も楽しみたいところですが、お高いですよね!

私は味付きのご飯が大好きで、普段は全然ご飯を食べないのに、味付きご飯(混ぜご飯・炊き込みご飯・ちらし寿司など)の日は胃袋が3倍くらい大きくなったかのように、沢山おかわりします(照)

先ほど全然食べないとお話したのは白米が嫌いというわけではないのですが、意識してお米を摂取しようとしないと3日ぶりにお米食べたなという現象も起きます(笑)

白米を食すということには無頓着なのに、あまり食べないからなのか、実家にいたときはお米の銘柄が変わるたびに味と香りの変化に気が付き「お米変えた?!」と聞いていて、銘柄には少々うるさいという面倒くさいタイプです(笑)(笑)

繰り返しになってしまうのですが、白米に無頓着なのに味付きごはんへの興味はとてもあることや食欲の秋をInstagramのアレンジレシピでは炊き込みご飯と向き合っているので、本日はCosmoSpark JOURNALでも炊き込みご飯のアレンジレシピをご紹介します!

材料

AWATAMAオニオンスープ
1食分
お米
2合
エリンギ
1パック
冷凍の有機ささがき牛蒡
1/3本分
ホタテ
2合に対して10個前後
大葉
5枚
ヴィーガンバター(バター)
10g~

作り方

  1. お米を研いで20分ほど水に浸しておく

  2. エリンギを好きな大きさに切り、ささがき牛蒡と一緒にヴィーガンバターで炒める

  3. 粗びき胡椒をしっかりふって、少量の醤油をフライパンの淵に回し入れて焦がし醤油で香り付けする

  4. 浸水が終わったお米にソテーした野菜とAWATAMAオニオンスープを1食分のせ2合炊飯分のお水を入れて通常炊飯(私は鍋炊飯なので、鍋炊飯の方は通常の水や火加減で炊飯すると少しお米が固めに仕上がると思います)

  5. 炊飯している間にホタテをヴィーガンバターでソテーし、大葉は千切りにしておく

  6. 炊飯が終わったら10分ほど蒸らしてよくかき混ぜる

  7. お皿に炊き込みご飯を移してホタテと大葉をのせたら完成です!

今回は薄めの味付けなので、しっかりした味にしたい方はAWATAMAオニオンスープを2食分使用するか、醤油などでご調整ください^^

蒸らし終えてかき混ぜながら、軽く子ども茶わん1杯分は味見が止まらず食べてしまいました。おそるべし、味付きごはん(笑)

この記事で紹介したアイテム

AWATAMAオニオンスープ

淡路島の玉ねぎをじっくり飴色になるまで炒めたものを使用しています。
黒砂糖や赤穂の塩、インド産黒コショウなどで味付けし、甘み、旨み、スパイシーな爽快感を味わえるスープです。

商品を見る

Related Posts