SHOP
  • Mission
  • 2022/08/08

手作り竹酢液大作戦

記事をシェア
twitter
facebook
twitter

Nature Future Café 新ランチメニュー開発に向けた、中田シェフの考える拘りは、もはや、凡人の領域を超えている。

何やら、彼の手作りオリジナルソースを貯蔵する為に、木製樽を日本から持ち込み、更に、そこに、スモーク感を出すために、竹とコーヒー豆の殻をスモークした竹酢液を自家製してくれとのリクエストを言い出した。もう、この拘りは変人としか言いようがない。

ところが、タイローカルスタッフは、この手の手作り作業は、お手の物だ。

こうした手作りは、タイ人の生活文化、習慣の中に普通に根付いている。我々が細かい指示をするまでもなく、彼らの経験と知恵で、当たり前のように、自家製の竹酢液が作られ提供された。

竹酢液を自家製するタイスタッフの写真

あらためて、こうした知恵は、彼らの普通の暮らしとして、共存していることに、学びと羨ましさを感じた。

タイの人々は、我々の創造するコンセプトを、今でも日常の暮らしの中に、当たり前のように、取り入れているのだろう。

Related Posts

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です